エンビジョン基本概念

エンビジョン:基本概念


ホーム » コマース分析 » このページ

エンビジョンはコマース分析のためだけのプログラミング言語ではありません、本格的な共同開発環境です。エンビジョンは、生産性の高いプロセスに向けダッシュボードを生成することができる。また、エンドツーエンドの自動化が望まれるときに自動的に他のシステムに再インポートすることが可能な表形式のファイルを生成する。このページでは、最も重要な概念とエンビジョンの最も重要な機能を確認する。このページは、全体としてのエンビジョンの意味を理解するための新規参入を助けることを目的としている。

タイル張りのダッシュボード及び表形式のファイル

最終結果(結論)によって始めましょう:エンビジョンは、エクセルシートやCSVファイルとしてダッシュボード、つまり表形式のファイルを生成する。エンビジョンによって生成されるダッシュボードは、一緒にタイルを配置することにより構成されている。各タイルは、テーブル等、折れ線グラフ、円グラフを含むように色やサイズを調整することができ、そして最も重要なのは、タイルの内容を構成できることである。

Image

エンビジョンによって生成されるダッシュボードは、すべて“1ページ”を統合する。各タイルは、展開されたビューを取得するためにクリックすることができますが、主な重点は、単一ページのダッシュボードに与えられている。このアプローチは、かなりのデータ掘り下げの考えを強調し、これまでのビジネスインテリジェンス(BI)ツールとは異なる。ダッシュボードの目的は、それらを読んで、無関係な情報を含むすべての他の指標を無視するのに要する時間価値があり、重要な指標を表示することです。実際には、数字の壁を製造することは容易であるが、実際に、それはあまりにも時間がかかりやすく企業は迅速なBIキューブ考慮を完全止めてしまう。

しかし、ダッシュボードは、唯一、最も目に見える出力がなされます。エンビジョンは、ExcelシートまたはCSVフラットテキストファイルのような表形式の出力ファイルを生成することもできる。ダッシュボードと同様に、これらの表形式のファイルは完全に、そしてプログラムで、設定可能です。例えば、日常的にすべての製品を価格改定することはエンビジョンを使用することで可能です。その後、ダウンロードされ、適切なビジネス•システムに再インポートされたCSVファイルに修正された価格のリストをエクスポートする。エンビジョンによって生成されたファイルは、FTP(またはSFTP)によってダウンロードされ、完全なエンドツーエンドの自動化を達成する可能性を提供することができる。

Image

データのインポート

エンビジョンから何かを得るためには、Lokadはビジネスの過去のデータを供給する必要がある。このデータは、表形式のファイル形式で提供することが予想され、エンビジョンは、CSVやエクセルシートなどのデータフォーマットの広範囲をサポートする。Lokadアカウントは、オンラインファイルリポジトリにバンドルされ、入力データファイルはLokadアカウント内に格納することが期待される。

Lokadは、すでに多くの有名商業管理ソフトウェアコネクタをサポートしている。このように、お使いのシステムがすでにLokadによってサポートされるようならば、この場合には、システムへのアクセスはLokadを許可することが必要です。Lokadは、関連するすべてのデータをインポートすることを引き受けると、対応する表形式のファイルには、アカウント内で直接作成される。これらのファイルは、その後、エンビジョンによる即時消費ために準備ができている。



Lokadはまだデータが現在位置しているソフトウェアをサポートしていない場合、アドホックデータ抽出を実行することは可能であり、通常データベースに照会することにより、その後、FTP(ファイル転送プロトコル)またはSFTPなどその変異体を用いて、Lokadにファイルをインポートする。Lokadは、ウェブを介して手動アップロードもサポートしている。しかし、我々の経験では、データ抽出を自動化することができない場合、最新のデータを再アップロードするたびにかなり退屈になる傾向がある。

経営層上の最適化層が事業の大部分は、製品情報、従業員のスケジュール、クライアントの電子メール等:いくつかの種類のデジタルエントリのアプリを“管理する”。エンビジョン及びLokadは一般的には、異なっている:目的は、ビジネスを管理するためではなく、単にそれを最適化することです。違いは微妙であるが、重要です。エンビジョンは、1つまたはいくつかの他のビジネス•システムの上で使用されるものではなく、これらのシステムとは異なり、エンビジョンは非常に少ない制約で一企業のIT環境を入れています。エンビジョンは1つあるいは複数の他のビジネスシステムの上で使われることを目的とする。しかし、これらのシステムとは異なり、エンビジョンは、企業のIT環境にはほとんど制約を置く。

任意の与えられたプロセスの管理は、例えば株価の動き、典型的には各業務用のデジタル対応を作成するために、データエントリを対象とした。このようなシステムを最大限の能力で活用するためには、ソフトウェアによって概説正確な方法に従って、会社のプロセスを再形成することが一般的に重要です。従って、このシステムは、同様に企業とそのIT環境のためのかなりの構造です。

それどころか、エンビジョンは何かを管理しようとしません。エンビジョンは、在庫レベルを最適化するために使用することができるが、実際の在庫水準はどこか別の場所で管理することを期待している。エンビジョンは、管理アプリケーション上にしている付属のソフトウェア層です。エンビジョンはかなり上の任意のプロセスや商業で見つけるソフトウェアの任意の組み合わせを収容することができるように設計されている。しかしながら、このような柔軟性が可能である主な理由の一つは、エンビジョンは、データの「所有権」を正確に引き受けないからです。

エンビジョンのプロジェクト、スクリプトエディタとタイルエディタは、小さな企業にアクセスするのは十分に簡単ですが、大企業を満たすのにも十分強力です。特に、エンビジョンは会社のLokadアカウント内のすべてをすっきりと保つことができる一連の機能を提供しています。エンビジョン関連材料があなたのLokadアカウント内でソートされているか確認してみましょう。

エンビジョンは、プログラミング言語であり、一般的にスクリプトとしてのエンビジョンコードのブロックを参照する。多くのエンビジョンプロジェクトを含めることができるLokadアカウントは、各プロジェクトには、スクリプトに関連付けられている。各プロジェクトでは、ダッシュボードも生成する。個別のプロジェクトは、個別のビジネスニーズを満たすために一般的に使用される。例えば、一つのプロジェクトは休止在庫の問題に対処するために作成することができ、そして別のプロジェクトは新興で売れる製品を把握するために設計されている。

Image

プロジェクトは、二つの異なるエディタで編集することができる:スクリプトエディタ及びタイルエディタです。スクリプトエディタは、任意のエンビジョンプロジェクトの右側にあるEditボタンをクリックしてアクセスすることができる。スクリプトエディタビューにアクセスした後、プロジェクトに関連付けられたスクリプトを編集するための直接アクセスを取得する。例えば、コードの自動補完など、このエディタは近代的なコードエディタから期待される実用性を備えている。それによって、タイピングを始めたら、コードスニペットが自動的に提案される。

Image

スクリプトエディタを使用すると、スクリプトへのフルアクセスを提供する。しかし、精神的にエクセルのようなグリッド上タイルの数十を再配置するのはうんざりするような作業です。そのため、エンビジョンはまた、タイルエディタと呼ばれる第2のエディタがダッシュボードにタイルを配置する際、はるかに良質のビジュアル体験を提供する。このエディタにアクセスするには、最初にプロジェクトをクリックし、ダッシュボードが表示されたら、画面の右上のEdit Tilesボタンをクリックする。

Image

タイルエディタでは、直接ダッシュボードビューからタイルの位置、サイズ、色、タイトルを変更できる。常套手段として典型的には、最初のタイルの配置にあまり注意を払わずにスクリプトエディタでスクリプトを記述する。次に、ダッシュボードが生成された後、タイルのエディタを使用してダッシュボードを''美化”する。タイルエディタを使用して行われた変更は、直接基礎となるスクリプトに適用される。