エンビジョン機能

エンビジョンの機能一覧


ホーム » コマース分析 » このページ

このページは、エンビジョンがサポートしている機能の一覧を示します。関数の主な目的は、基本的な言語構文が十分ではない場合、エンビジョンの機能を拡張する事です。

関数シンタックス

関数の一般的な構文は次のとおりです:
x = fun(arg1, arg2, arg3)
funを関数の名前に置き換え、argNに、関数に渡す引数をカンマ区切りでリストします。全ての関数はベクトル演算されます。引数Bがオプションの場合、fun(A[,B]) は、 A は必須ですが、B は省略できる事を示しています。

数学関数

  • abs(V): ABS エクセル関数と同じです。
  • ceiling(V): シーリング エクセル関数と同じです。
  • exp(V): EXP エクセル関数と同じです。
  • floor(V): フロア エクセル関数と同じです。
  • log(V, [, B]): ログ エクセル関数と同じです。
  • max(A1, A2 [, A3, .., An]: マックス エクセル関数と同じです。
  • min(A1, A2 [, A3, .., An]: ミニマム エクセル関数と同じです。
  • norminv(V): NORMINV エクセル関数と同じです。
  • pow(U, V): パワー エクセル関数と同じです。エンビジョンは、 U ^ V 演算もサポートしており、同一の計算を行います。
  • round(U, V): ラウンド エクセル関数と同じです。 第2引数はオプションです。
  • sqrt(V): SQRT エクセル関数と同じです。

テキスト関数

  • concat(S1, S2, S3, ..., Sn): S1 から Snまでのテキストを連結します。
  • contains(S, M): 戻り true S テキストが含まれていたら、テキストMと連結します。
  • endswith(S, M): 戻り true テキストがS で終了していたら、テキストMと連結します。
  • startswith(S, M): 戻り true テキストがS で始まっていたら、テキストMと連結します。

カレンダー関数

  • date(y,m,d): 渡された引数の、年、月、日で構成された日付を返します。 制限として ymd は数字でなければなりません。
  • monday(D): 日付Dの前にある最初の月曜日を返します(包括的)。
  • month(D): 2001年からの月数をカウントして、日付 Dを持つ月のインデックスを返します。
  • monthnum(D): 引数として渡された日付を含む月(1〜12)を返します。
  • today(timezone): 渡されたタイムゾーンの現在の経過日付と、UTCとの時間差を返します。
  • weeknum(D): WEEKNUM (システム 2) エクセル関数と同じです。

順位づけ関数

  • rank(V [,G]): RANK.EQ 全てが異なるランク(任意にターブレーク)になる事を除いて、エクセル関数と同じです。 オプション引数Gは、Gで定義されたグループごとにローカルランキングするために使用します。
  • rankd(V): RANK.EQ エクセル関数と同じです。
  • cumsum(V, R [,G]): Rで指定された増加ランクに応じた、値Vの累積合計を返します。オプションの引数Gは、Gで指定されたグループごとにローカル累積和を実行するために使用します。

高度な関数

  • forex(V, Orig, Dest, D): 日付Dのレートを使用して、通貨OrigV額を、通貨Destに変換した額を返します。 通貨は、標準的な3文字コードで符号化しなければいけません。 Lokadは、欧州中央銀行によって提供されたデータを使用し、約30の通貨に対応しています。レートは毎日更新されます。
  • hash(V): 0 と 2^24-1の間の擬似単射ハッシュ値を返します。この関数は、一般的に、列の内容でハッシュされたデータセットをランダムのシャッフルする為に使用され、その後、ハッシュ値をソートします。
  • priopack(R, V, S, C, J, [, B]): ビンパッキング・アルゴリズムの単純なバリアントは、購入優先順位付けリストで使用する事を意図しています。古典的なビンパッキング・アルゴリズムとは異なり、ビンの容量を最適化するすだけでなく、ユニット順序を可能な限り維持します。Rは、パックさせる行のランクを含みます。 Vは、各ラインの体積です。 Sは、「サプライヤーごとに」ビンパッキングを計算した、サプライヤーの同等クラスです。 Cは、最大ボリューム容量で、その値は、Vと均一であり、同等のクラスCにわたって一定の値であると仮定されます。 Jは、ジャンプ閾値で、その値はVと均一であり、一般的に、C値の最小倍数であるべきです。 {B}}は、「障壁」と解釈されるオプション引数で、この値が設定されていると、ビンパッキングプロセスは、Bで定義された等価クラス以下であるラインを並べ替えません。

FORMATTER ERROR (Transcluded inexistent page or this same page)