セールスキャスト分位値再注文ポイント

クォンタイル予測および再発注点


ホーム » Salescast » このページ

再発注点は在庫最適化において最も重要な測定の基準です。注文補充を促す在庫水準を示すからです。Salescastですと、在庫の最適化を最大限に達する上で、再発注点は需要予測に基づき日常的に更新されます。

2012年3月の時点でLokadはクォンタイル予測を出す初の予測ベンダーとなりました。再発注点に関してみれば、これは突破口とみなされます。ここでは、ビジネスへの影響およびSalescast内でどのようにシームレスに作動するのか詳細にご紹介します。

在庫へのメリット

クォンタイル予測は複雑に感じるかもしれませんが、それがもたらすメリットに複雑さはありません。従来的な平均値予測に対してクォンタイル予測をベンチマークし、クォンタイル予測がもたらす内容は以下の通りです。

  • 欠品率を維持しつつ、在庫を20%削減する。
  • あるいは、全体の在庫水準を変えずに、欠品を20%削減する。

在庫低減による節約とするのか、欠品頻度の削減による節約とするのかは、お客様企業がお決めになることです。

なお、この数値は弊社のクォンタイル予測技術および弊社の平均値予測技術の間によるベンチマークを介して得たものです。弊社の平均値予測は既に精度さの点で競合他社に比べ優れており、実際のところ、Salescastを選ぶこと自体でのメリットが、遥かに大きいと言えます。

再発注点がなぜ問題となるのか

在庫は過度の在庫および頻繁な在庫切れのトレードオフの関係であると言えます。再発注点は、需要リード予測を組み込んでいるだけでなく、在庫切れの状態にない希望的確率であるサービスレベルをも組み込んでいます。

在庫最適化の品質は再発注点の品質に依存します。そして、今度は、従来型の安全在庫分析で示されているように、再発注点は需要予測次第となります。予測の精度を向上させることが、直接節約に繋がるのです。

安全在庫分析の欠点

しかし、予測にどれだけの努力をしても、従来型安全在庫分析が最適以下の再発注点を出す状況も見られます。
  • サービスレベルが高い場合。
  • 需要が断続的な場合。
  • 大口注文の場合。

上述三つの状況の時、在庫最適化の最大の脆弱さは需要予測そのものではなく、厳密に安全在庫分析から予測を再発注点に変換することにあります。

クォンタイル予測技術のページに安全在庫分析の欠点を視覚的に説明しています。簡潔さから、ここでは詳細は繰り返しません。

本来のクォンタイルによって算出される再発注点

再発注点の間接的計算(安全在庫分析を介した)を直接計算により本来のクォンタイル予測が取って代わります。実際のところ、再発注点とは、リードタイムの期間の需要のクォンタイル予測に過ぎないのです。

予測レポートを作成する上で、Salescastには3つのオプションがあります。
  1. 従来型予測のみ
  2. 従来型およびクォンタイル予測
  3. クォンタイル予測のみ

オプション1ですと、従来型予測(つまり、日、週、月の平均需要)を作成します。リードタイムおよびサービスレベルの数値が二つとも揃っていましたら、安全在庫分析を介してSalescastは再発注点を算出します。

オプション2は、従来型およびクォンタイル予測を二つとも作成します。クォンタイル予測を作成する上で、リードタイムおよびサービスレベルの二つの変数が必要になります。ここではSalescastは再発注点をクォンタイル予測によって算出します。

オプション3は、クォンタイル予測、最適再発注点のみを作成します。全体の予測使用量が少なく、Salescastの月間契約料が低くなる点でお勧めできます。

クォンタイル予測を使うべき場合

クォンタイル予測がもたらすメリットは一般に余分の消費コストの矮小化にあると言えます。さらに企業によっては、クォンタイル予測がもたらす影響が顕著であり、使わないことが間違いであるとさえ言える場合もあります。

ここでは、既に確認できているクォンタイル予測によって非常に良好な影響を受けた業界のショートリストを見てみましょう。

高いサービスレベルの企業
  • 食料品店(小型スーパーマーケットからハイパーマーケットまで)
  • FMCG(日用品)メーカー
  • 食品加工業(乳製品、飲料、アイスクリーム、など)

需要が断続的な企業
  • 消費財e-コマース(ファッション、衣服、宝石、など)
  • スペアパーツ専門小売業(自動車、家財、など)
  • 専門小売業(日曜大工、化粧品、書庫、など)

大口注文の企業
  • B2B小売業(電気用品、事務用品、医療用品、など)
  • 卸売業(輸入)
  • ジョブショップ(多品種少量生産型。印刷、ギア製造、など)

このリストで全てを網羅しているわけではありません。ぜひSalescast(無料)をお試しください。登録は こちらから。

クォンタイルに関するミニFAQ(よくあるご質問)

クォンタイル予測は従来型予測と何が違うのですか。 クォンタイル予測は製品ごとの一つの点です。毎日、毎週、あるいは毎月の需要予測の集約ではありません。リードタイムおよびサービスレベルがともに合致する一つの予測となります。クォンタイルが再発注点に相当するのです。

クォンタイル予測はトレンドや季節性を反映していますか。 弊社の従来型予測技術をもって管理される全ての需要パターンは、弊社のクォンタイル予測技術によっても管理されています。ただ、予測ごとに一つのデータポイントしかないことから、クォンタイルのパターンは視覚性に乏しいと言えます。

再発注点の品質をどうやって評価しますか。 再発注点とは、リードタイムの期間の需要に対するクォンタイル予測に他ならないのですから、再発注点の精度ピンボールロス機能によって評価できます。

どのくらいの余分の努力がクォンタイル予測に必要ですか。 余分の努力は一切必要ありません。データ設定は従来型予測に使うものと全く同じです。実際に、Salescastにてクォンタイルを選ぶだけで済みます。また、いつでも従来型予測に戻ることができます。

クォンタイル予測の方が優れているのであれば、なぜ従来型予測を維持し続けているのですか。 クォンタイル予測の優秀性はコンテキストによります。公正な在庫最適化となった時に、クォンタイル予測は勝ります。例えば、クォンタイル予測は売上報告あるいは視覚化には適していません。

Salescastを選ぶ


Import data from QuickBooks with Webgility

Salescastを使い始める


ユーザーガイド


お客様の声

従来の解決策では人件費がかかりすぎ、何百・何千もの製品を取り扱うことは困難でした。 Lokad と Windows Azure はまさに私のビジネスに必要な解決策を提供してくれているのです。 OscaroのCEO、Pierre-Noël Luiggi氏
Lokad の予測解決策によって、私たちの売上げが正確に予測され、最適な在庫を知ることができます。 結果は明白です:私たちは顧客満足度を99%に保ち、提供するドッグフードはお客様の近所のペットショップよりも新鮮だということもしばしばあるからです。 k9cuisineのCEO、Anthony Holloway氏
Lokad は我が社のプランニング・プロセスの精度を大幅に改良しました。直ちに影響を与えたのは毎月150€の費用で百万ユーロ分の在庫の削減を実現させたことです。ここまで在庫レベルを下げられることが分かったのは恐るべきことでした。しかし、本当に驚いたのは簡単に実行でき、使いやすいことです。統合には何の苦労もありませんでしたし、クリックひとつで10分以内に予測が届くので、私の時間の大幅な節減になっています。 サプライチェーンBizlineのトップThomas Brémont氏

他の例もこちらでご覧になれます。