リード/需要/定義

需要リードの定義


著者Joannes Vermorel、2012年3月推敲

需要リード(或いは需要リードタイム)とは、取り寄せ注文が在庫補充の為になされた場合、今から見込まれる納期までの期間の総需要のことです。需要リードは、将来の需要であり(未だ見られていない)、この値は時系列解析を使って通常予測されます。

需要リードの概念は、とりわけ顧客にサービスする為に在庫が保管される小売業、卸売業、製造業に当て嵌まります。

旧来的な安全在庫解析に於いて、再発注ポイントは需要リードおよび安全在庫の合計です。しかしながら、より近代的なクォンタイルの見地では、需要リードそのもののクォンタイル予測が再発注ポイントとなります。

いずれ(旧来型或いはクォンタイル)の場合でも、需要リードの予測精度は、在庫の最適化を良好水準に引き上げるためには必須であり、特定のサービスレベル目標に達する上で最小限の在庫は使われます。

Lokadのアプローチ

将来の需要を考える上で、最も自然な方法は、日、週、または月毎の将来の需要を集約することです。この集約を通して、予測は過去の需要曲線が将来に向かって拡張したものと言えます。従い、一度リードタイムが特定されれば、需要リードは次のN周期の予測値の合計として算出されます。

しかしながら、この間接的手法は最適ではありません。最適化された基準(期間毎の予測)が棚卸資産に影響を及ぼすもの(リードタイム予測)ではないからです。この集約そのもによって導入された矛盾は、旧来的予測技術に対してクォンタイル予測技術を利用すると、予測がより精度が高くなることも説明しています。

弊社のウェブアプリSalescastで販売予測の最適化を図ってください。Lokadは需要予測を通して在庫の最適化に特化しています。需要リード予測、その他諸々は、Salescast本来の特徴です。