在庫/回転/定義

在庫回転率(在庫の回転)


著者Nathanael MionおよびJoannes Vermorel、2012年2月推敲

在庫回転率とは、通常一年となる、ある特定の期間内で在庫が交換される必要がある回数を指します。サプライヤーから顧客までのサプライチェーンの全般的な効率性を反映しており、在庫管理の上で最も一般に利用される比率です。この比率は如何なる種類の棚卸資産(材料や消耗品、製造中、完成品、または全ての組み合わせ)であっても算出することができ、小売業でも、製造業に於いても利用できます。

在庫回転率の計算式

在庫回転率は、売上原価(COGS)を平均在庫高(AAIV)にて割って算出されます。

在庫回転率 = COGS / AAIV

売上原価(COGS)は、売上コストとしても表現されますが、企業が顧客に商品を納入する際の年間コストを示します。しかし、このコストには一般・販売管理費は含まれていません。平均在庫高(AAIV)は企業が在庫として抱えるアイテム全ての、コストとして捉えた額となります。

更に、企業は在庫を補給日量或いは週の補給量として表現することもあります。この手法の最大の利点といえば、比較的明瞭な値を生成し、リードタイムとの比較を即時に見出せることです。 この場合、最初の比率から得られる別の比率にて、何日分の在庫相当がシステムにあるのか - 或いは、在庫を販売し終えるに何日かかるか、が算出されます。

在庫日数 = (AAIV/COGS) x 365 日 = 365 / 回転率

この比率を個別商品にあてはめると、一般に 在庫補充と呼ばれます。

例: 年間の売上原価が100万ドルとして、年間の平均在庫高が10万ドルの時、在庫回転率は10となります。棚卸資産が完全に一巡するまでに、平均365/10= 36.5日必要と言えます。

FIFO(先入先出法)の仮定

在庫回転率を算出する際、実質の仮定として、在庫高は"先入先出"法 (FIFO)をとっています。この手法では、棚卸資産として最初に入ったユニットが、最初に販売、或いは処理されると想定しています。従い、比率で使用する平均在庫高は変動制のものです。

平均在庫高ではなく、期末の残高を使用することは、誤解を招く比率に繋がる可能性があり(必要保管の過小・過大評価)、避ける必要があります。

性能評価

回転率はサプライチェーンの効率化を測る上で最も一般的な尺度です。

  • 低い在庫回転率は、頻繁に余剰在庫、過剰在庫、不良在庫(不動在庫)によることが多いです。 回転率の低さは流動性の問題をも伴い、運転資本に圧力を増します。
  • 高い在庫回転率は、商品が至急販売されることを意味しており、一般にプラスです。良好な在庫管理の産物とも言えますが、安全在庫が不十分であることを示唆している可能性も否めません。

身近な、或いは遠くのサプライヤーを選択するといった戦略的な調達先の選定は、在庫回転率に顕著な影響を及ぼします。回転率とリードタイムとの相関関係は、一般に非常に高いからです。

業界別の違い

生鮮食料品を販売する食料雑貨チェーンに於いて、商品の在庫回転率は大抵100程度と非常に高いです。商品はすぐに期限切れになることから、早急に販売されねばなりません。期限切れの商品に起因する減損処理は顕著なコストが発生します。生鮮食料品に関する弊社の記事 サービスレベルをご参照ください。

一方で、製造業者は在庫回転率が非常に低く、5から10の間となります。製品は長期間保存することができ、在庫回転率の低さは必ずしも不適切な在庫管理を示していることにはならないのです。自動車を二ヶ月保管したとして、旧式になることはないのです 従って、この指標が意味をなす為には、企業はそれぞれ業界に於ける標準値と比較しつつ在庫回転率をベンチマークする必要があります。

静的指標としての在庫回転率の限界

在庫回転率は平均値です。年間の、或いは数年間に渡っての、在庫の変遷を必ずしも反映してはいません。 例えば、季節の販売ピークの見通しによって、在庫水準を高く構築することになります。これにより、年間の在庫回転率は高くなりますが、ピーク時に在庫切れを回避する上で必要だからなのです。

長期的に、在庫回転率は傾向指標として最も有効となります。増加傾向として、売上原価に少ないお金が必要とされていることが分かれば、サプライチェーンの効率化が改善しているということになります。しかしながら、この増加傾向が、在庫切れの増加対応により軽減されていない場合にのみ、当て嵌まります。

在庫回転率の改善法

在庫回転率を改善させる上での主な三つの手段。

  • 調達。リードタイムを短縮できる新たなサプライヤーを選択。或いは、既存のサプライヤーとリードタイムの短縮を*交渉*。
  • サービスレベル。在庫切れの許容頻度を調整(大半の産業では、在庫切れゼロは合理的な選択肢ではありません)。
  • 予測。需要予測の精度を洗練することで、在庫切れを増やさずに、安全在庫を低くします。

Lokadのアプローチ

在庫回転率を改善するあらゆる選択肢の中で、大多数の企業にとって予測が一般的にQuick Win(早期に改革の成果を得る施策)と思われます。予測改善には重い投資は必要なく、調達戦略の見直しも必要ありません。在庫切れを増やすことにしても新たなリスクはありません。弊社では、予測技術をベースとした最適な再発注ポイント作成するをウェブアプリSalescastを開発しております。