在庫/管理/定義

在庫管理(定義 & 洞察)


著者Joannes Vermorel、2013年6月推敲

在庫管理とは、在庫コストを最小限に抑えながら、アイテムの入手可能性を確保すべく、供給、貯蔵、アクセシビリティをサポートする全てのプロセスを指します。実際のところ在庫管理には、アイテムの数量および場所の記録といった在庫処理のみならず、供給面での最適化といった多様な側面をも含みます。

処理 vs 最適化

在庫管理とは、大きく二つの領域に分けることが出来る広範なものです。
  • 一つは在庫処理。ほとんどのコンピュータベースのセットアップの在庫処理ソフトウェアから解離することはほとんど不可能です。在庫を処理するにあたって、全ての在庫オペレーションの生産性が高水準に維持されることが目標となります。
  • もう一つは在庫の最適化。不確かな将来の需要に直面しつつ、在庫維持費、品切れ損失といったコストを最小限に抑えねばなりません。在庫を最適化 するにあたり、企業にとり在庫の財務アウトプットを最大限とすることが目標となります。
    物理的には在庫は“一つ”のみですが、この二つの領域は根本的に異なる問題を反映しており、別々に対処するべきものです。

在庫処理

在庫処理は、現代的な形では、それをサポートする在庫処理ソフトウェアとほぼ変わりのないものです。実際、ソフトウェアは、さもなくば非常に長い物理的な在庫検査を必要とする日常の質問に瞬時に対処するために使用される在庫の電子表示を受け持っています。例: 商品Xの在庫の数

在庫の正確な電子記録を維持するためには、全ての在庫操作はソフトウェアに認識されている必要があります。実際には、データエントリはバーコードまたはRFID(無線周波数識別)の使用により大幅に加速されています。最も現代的な環境にて(1)、在庫に関わる物理的操作はロボット化されており、その場合の在庫はエンドツーエンドで真にデジタル処理されています。

会社が運営する資産を正確に財務的に反映させることに焦点をおく会計システムとは違って、在庫処理システムは会社の在庫操作を支援する行動志向となります。システムの第一の目標は生産性、つまり全ての在庫操作を最小の時間と努力で実施することです。第二の目標は、物理的在庫の電子表示の持続可能な精度を提供することです。

在庫の最適化

在庫は将来の需要を見越したものであり、相反するコストとの財務的トレードオフの表れです。在庫過多となれば、在庫維持費が嵩み、在庫不足となれば、品切れ損失が発生します。

在庫処理とは異なり、在庫最適化は在庫を取り扱う上で最高の決定を下すことに焦点を合わせています。
  • 再発注する時期と金額に関する決定(こちら再発注点もご参照ください)
  • 施設におけるアイテムを保管する場所に関する決定
  • 在庫管理すべき商品および時期の決定(こちら架空在庫の定義もご参照ください)
  • ...

一度決定が下されたのであれば、在庫処理システムを介して実施されます。しかし、処理システムは必ずしも決定を下すようにはなっておらず、オペレーターが手動で提案をすることもあります。

在庫最適化にとっての主要な挑戦とは、将来の需要に関する不透明さとなります。将来の需要が未知なことから、在庫最適化技術の多くが需要予測の統計に依存しています。最適化された決定は予想される将来のコストを最小限にするものが弾き出されるのです。

組み合わさった問題が最適化を更に複雑化することもあります。例えば、ある小売業者が出荷コストを最小限に抑えるために、運送トラックの許容重量および容積を最大限に有効利用するような商品の補充注文を発したいと願ったとします。このことは、つまり、重量のあるアイテムおよび嵩張るアイテムの適切な組み合わせを選ぶことを意味します。

二つの視点の比較

上述した通り、在庫の処理および在庫の最適化は、全く別の問題です。下表にて、二つの観点の主要な相違の概要が説明されています。

処理 最適化
ソフトウェアの本質 機能駆動型。 ソフトウェアは余り頻繁に発生しない状況に対して、より多くのサポートを提供することから、一般に、より多くの機能を有していることは、より高い生産性を意味する。 性能駆動型。 ソフトウェアは、ソフトウェアが下した決定による財務パフォーマンスを基に評価される。
組織的影響 高い。 会社のほとんどの在庫プロセスはソフトウェアによって直接構成されている。 低い。 在庫プロセスは既に存在し、システムは代替案を提供するに過ぎない。
運用可能性 リアルタイム。 ソフトウェアが使用不能となれば、会社は文字通り在庫を取り扱うことが最早できない。 オフライン。 ほとんどの在庫決定は一日に一度、時によっては二度下されるのみ。また決定は一括処理によることもできる。
計算負荷 低い。 ソフトウェアは展開するときに在庫の物理的な動きを反映する必要があるに留まり、現代のコンピューターの処理能力に比べ非常に低い。 高い。 ソフトウェアは最適化を実行するためのシミュレーション、またはその等価物、頻繁に全履歴を何度も実行する必要がある。
交換コスト 高い。 すべてがソフトウェアを中心に構成されていることから。ソフトウェアは在庫の''状態''を表していることから、在庫記録は簡単に分岐することから、共存するシステムを持つことは実用的ではない。 低い。 各システムの''適用スコープ''が定義されているのであれば、複数のシステムは共存可能。一つのシステムから別のシステムに徐々に移行することは可能。

Lokadのアプローチ

歴史的にERPは在庫処理および在庫最適化問題に対処するモノリシックなソリューションとして出現しました。しかし、既に詳細述べてある通り、良好な在庫処理ソフトウェアを成す材料は、良好な在庫最適化ソフトウェアを成すものとは非常に異なります。結果として、モノリシックなデザインを採用した企業の多くが、処理の拙さ、或いは最適化の拙さ、後者の方が頻度が高くなりますが、によって苦しんでいます。

問題は更にソフトウェア業界の変化の速度によって強調されています。在庫処理ソフトウェアは、その特徴からも、非常に粘着性あるソフトウェアです。一度採用したのであれば、交換コストは非常に高く、大企業が完全に代替ソリューションに移行するまでに、10年もの月日が必要とされます。小規模企業にとっては、移行期間こそ短縮されるものの、それでも複数年が必要となります。このことは、多くの企業が10年も20年も前のソフトウェアを利用していることを意味します。現在市場に出ている改善されたソリューションがもたらすであろう恩恵を得ることができないでいるのです。交換コストが高いがために、どうすることもできないのです。

対照的に、最適化の分野は交換コストの観点からは摩擦は遥かに低くなります。多くの場合、複数のシステムの保有が可能であり、それぞれが独自の提案をすることになり(例:再発注すべきアイテムリスト)、それぞれのシステムに認めるべき権限の範囲を決める方法を定義します。

Lokadは在庫最適化のウェブアプリSalescastを提供しています。エクスプレスプランですと、登録無料となり、期限もありません。先ずは登録なさって、ご自分でSalescastがもたらすものをお確かめになってください。

(1) 例えば、Kiva Systemsは移動ロボットを使った受注処理システムを生成しています。