在庫/精度/定義

在庫精度の定義


著者Joannes Vermorel、2013年2月推敲

在庫精度の概念とは、在庫を表す電子記録と物理的な状態との間にある全ての食い違を指します。在庫の不正確さの代表格は架空在庫です。このような食い違いはサービス水準の低下を招くだけでなく、広範な会計上の問題および財務上の損失を齎すのです。

手持在庫の精度を測定

実際のところ、在庫は多くの点で電子記録と相違があると思われます。

  • 存在しないオペレーションの記録
  • 記録されていないオペレーション
  • 商品コードの不一致
  • 量の誤認
  • ...

根本的な原因は多様ですが、こういった問題は、通常、手持在庫の数字が物理的な状態と不一致する状況を生み出します。簡単に言えば、記録された手持在庫の数字が、実際に倉庫にある商品の量と一致しないということです。

手持在庫の精度は予測問題に関する従来からの様々な基準によって測定することができます。手持在庫の電子記録は現実の推定値として見ることが確かにできるでしょう。

よって、この観点から、在庫精度を測定する最も単純な基準は、平均絶対誤差(MAE)となります。Qeを電子記録とし、Qrを実際量とすれば、MAE = | Qe - Qr |と導けます。

そうして、在庫記録の精度がかなり高いとなれば、命中率、つまり、在庫記録が正確であった割合も利用できることになります。しかしながら、不正確さの度合いが顕著であった場合は、相違の規模までは考慮しないという欠点を有します。

小売業界に於ける問題の程度

不正確な在庫記録の問題は、通常、倉庫レベルと比較して、店舗レベルで非常に大きいと言えます。DeHoratius氏とRaman氏は米国で37店舗以上にて在庫の精度について大幅な調査をしました(2004年)。

在庫管理単位(SKU)レベルでの在庫のコンピュータ化された追跡が、一般的に正確であると想定されていますが、ほぼ37万もの大手小売チェーンの複数の店から集めた在庫記録の65%に、相違を認めました。 DeHoratius氏とRaman氏(2004年)

Gammaの在庫記録、ほぼ55,000件となりますが、その15%パーセントは8ユニット以上の絶対誤差がありました。これは、ある店舗でそのSKUのために維持されるべき目標平均在庫量の半分以上に相当します。集計では、これらの不正確な記録に相当する棚卸資産の価値は、予想される手持在庫の合計値の28%に達するのです。DeHoratius氏とRaman氏(2004年)

倉庫レベルで著しい進歩が見られますが、不正確な在庫記録は、小売業界に店舗レベルで依然として一般に蔓延る問題と言えます。

Lokadのアプローチ

正確な在庫の記録を維持することは、満足のいく在庫最適化の水準に達成するための要件です。測定できないものを最適化することはできません。そして、測定されるのであれば、正確でなければなりません。しかし、ほとんどの小売業者は、店舗での冴えない在庫精度に苦しんでいることが分かっています。RFID(電波による個体識別)は、長期的に、この状況への潜在的な解決策を示していると言えるでしょう。ただ、RFIDでは、商品の破損、紛失、手が届かない場所にある、といった状況を伝えることはできません。

循環棚卸は、弊社のウェブアプリPhantomscanにて最適化ください。 Lokadは、データの統計的な分析に基づいて在庫の最適化に特化しております。緊急にカウントが必要なアイテムのみに焦点を当て、他のアイテムは無視して良いのです。

参考文献

DeHoratius, N. and A. Raman (2004). “Inventory Record Inaccuracy: An Empirical Analysis.” University of Chicago Graduate School of Business Working Paper.