架空/在庫/定義

架空在庫の定義


著者Joannès Vermorel、2013年1月推敲

架空在庫とは、在庫管理ソフトウェアに於いて指定できる領域に手持在庫として記録されながら、実際には存在しない商品を指しています。

有効在庫への影響

架空在庫は自動化された再発注の遅延に繋がり、引いては在庫切れが齎されます。確かに、発注に制約がなければ、再発注高は再発注ポイントから、手持在庫と発注中の在庫の合計を差し引いた額によって算出されます。

下のグラフは架空在庫がサービスレベルに及ぼす影響を示しています。特に、手持在庫高の不一致はサービスレベルを大幅に低める結果となります。

Image


在庫凍結という言葉は、手持在庫が実際は枯渇していながら、手持在庫の記録の間違いで、再発注がされていない状況を示す語彙としてKang氏およびGershwin氏によって造語されました(2005年)。自動補充システムが導入されている場合、システムが在庫凍結に陥らないためには、手持在庫を手動で再集計するしかありません。

それから、厳格なる在庫最適化の観点以外からも、架空在庫は広範なる会計問題および決算報告書の修正となる可能性をはらんでいます。

根本原因

過去数十年間に渡り、小売技術は着実に改善してはいますが、依然として多くの要因が不正確な在庫記録に繋がっています。

  • 補充エラー
  • 従業員による盗品
  • 顧客による万引き
  • 破損商品の不適切な取り扱い
  • 不完全な棚卸監査
  • 不正確な販売記録

架空在庫問題を修正する上で最も一般的に利用されるテクニックは、実地循環棚卸です。この問題に関する詳細は、こちら在庫精度をご覧下さい。

Lokadのアプローチ

架空在庫は小売業界で余りに頻繁に無視される最も重要な問題です。そして、問題に対応するとしても、単に集計業務の為に新たな労働力を投入するに過ぎません。統計データの解析が架空在庫の存在を予知する上で有効であると考えています。最も集計が必要とされる商品を優先することに繋がります。

弊社のウェブアプリPhantomscanによって架空在庫の量が削減できます。Lokadはデータの統計的分析による在庫最適化の専門家です。至急集計が必要な商品に焦点を当て、その他の商品は無視しましょう

参考文献

Kang, Y. and S. B. Gershwin (2005). Information Inaccuracy in Inventory Systems: Stock Loss and Stockout. IIE Transactions 37: 843-859.