botdefenderなぜアンチスクレイピングの事項

Why anti-scraping matters?


ホーム » BotDefender » このページ

スクレイピングソリューションは毎月、数ドルでアクセスいただけます。カウンターインテリジェンスに対するウェブスクレイピングはビジネス業界で頻繁に起きています。このような開発の進化によって、競合による価格の自動リトリーバルを防ぐことは非常に重要となっています。

スクレイピング: 幅広く行われている実情です

ウェブサイトスクレイピングにより価格をチャックすることは日常茶飯事に行われています。Google でmagento ウェブスクレイピング をクエリ検索してみると、検索結果で、競合のサイトをスクレイピングに特化し、フリーランスソフトウェア開発者に関する募集案内が何百と見つかります。

もちろんのこと、Magentoに特定した募集案内は氷山の一角にすぎません。多くの企業はウェブ上にて公にこのような募集案内を掲載しませんが、数々のパッケージソフトウェアソリューションが容易に取得可能です。また、Magento だけが対象となっているわけではありません。他のショッピングカートソフトウェアで検索しても同様な結果が得られます。

価格抽出による打撃が最も大きい

商業ビジネスにおいて価格設定が最も基本でありながら強力な差をつけるものです。しかし、もしお客様の競合が常に全ての価格を認識している場合、わずか数セントの差でお客様のビジネスに対する価格競争に勝ち、顧客獲得の際に(ウェブ上でいくつか選択肢を考慮していた場合に)大きくコンバージョンレートに影響を打撃を与えます。

価格競争は競合業者が価格削減を繰り返し行うことにより発生します。競合がお客様と価格競争に入った場合、結果として大きく費用に影響します:お客様のマージンもしくは市場占有率を失うことになります。理論上では(数年前までは事実上)、競合業者は価格チェックを専門としたスタッフがいたとしても、事実上ではそのようなスタッフを設けることは高価となります。故に、競合はお客様のサイトから自動に 価格抽出を行う形式を選びます。自動の価格抽出を防ぐことで、効果的に価格競争を回避することができます。競合を他の競合との価格競争を選ぶようにさせましょう。

コマースサイトはますます弱くなっています

ウェブのスタンダードは年々着実に向上しています。とりわけ、CSSの広範なサポートシステムにより、コマースサイトのHTMLコードは、ボットやウェブ開発者により容易にアクセス可能となっています。全般的に言えば、ウェブサイトの見た目の向上や開発と維持のしやすさといった点で良いことですが、マイナス面として、サイトの価格情報が抽出しやすくなっている点があります。

多くのコマースサイトのHTMLコードでは、価格は以下のような単純なパターンを使用しているため認識しやすくなっています:

<span class="price">$129.99<span>

priceの部分が価格に割り当てられた CSS クラスです。10年前では、HTMLページは(レイアウトのため)表やイメージが散乱していたため、スクレイピングは困難となっていました

このような近代のコマースサイトの特徴がゆえに、競合は容易にウェブスクレイピングソリューションを購入および開発することが可能となります。

このようなトレンドはCSSだけに止まりません。例えば、サイトのモバイルフレンドリー化 により、ウェブスクレイパーを行う側によってより容易となります- そしてそれは小さなページがよりダウンロードスピードが速く、分析が簡単なためです。